黒ニキビとはどういう状態?対策や気を付けることは?

黒ニキビとはどういう状態?

黒ニキビとは、ぽつぽつと、黒いほくろの様なものが肌表面に出現します。

 

鼻などがイチゴのような状態になっているものが黒ニキビを想像していただきやすいと思います。

 

その原因は、毛穴の中に詰まってしまった汚れや、皮脂が空気に触れる事で、酸化して黒ずんで見えているからです。

 

黒ニキビを治すためには?

 

黒ニキビの治し方は、肌を清潔に保つ為のしっかりとした洗顔と、洗顔後十分に保湿することです。

 

しっかりと洗顔するといっても力任せにごしごしとこするのではなく、丁寧に泡で洗うように、優〜しく指の腹を使い、なでるように洗顔します。

 

なるべく泡が毛穴に入りこむように、細かい泡立ちの洗顔料がおすすめです。

 

洗顔の後は、しっかりとぬるま湯で、すすぎ残しのないように洗いながしましょう。

 

洗顔料のすすぎ残しもニキビの原因となりますので。

 

黒ニキビ対策には保湿も重要なのはなぜ?

 

洗顔後は、保湿成分が多い化粧水や、美容液でしっかりと保湿しましょう。

 

なんで保湿が重要なの?と言うと、保湿をしっかりしないと、肌が刺激に敏感になって毛穴の周囲の角質が固くなってしまうんです。

 

角質が固くなれば、毛穴が詰まりやすくなるので、ニキビができやすくなってしまいます。

 

また、肌の乾燥は、乾燥を補うために皮脂が過剰にでて、毛穴がつまる原因ともなるのです。

 

その為に、保湿が黒ニキビ対策には重要となります。

 

 

黒ニキビを悪化させないことも大切

 

黒ニキビができないようにすることは、もちろん大切なのですが、黒ニキビが悪化しないようにすることもとても重要なことです。

 

黒ニキビが炎症ニキビや、化膿ニキビになってしまうと治すのが余計に大変になります。

 

化膿ニキビなどが悪化すると、ニキビ跡がクレーターのようになってしまう可能性もあるので、十分に注意してください。

 

ノブACアクティブの感想はこちら